樹木葬の特徴や利用の際の注意点

樹木葬は故人を埋葬する際に墓石の代わりに樹木を用いる自然葬の一種で、墓石を維持する負担が無くなることや自然との一体感を演出できる利点があります。

樹木葬は近年になって広く普及していますが、その一方で利用者が抱くイメージが樹木の管理の方法に合致しないことでトラブルが生じるケースもあることから、事前に詳細を確認したうえで慎重に確認することが大切です。



樹木葬は広いスペースを必要とするため、複数の故人を一本の樹木に埋葬するのが一般的です。
敷地が狭い霊園になるほど一本の樹木に埋葬する故人の人数も増える傾向があるので注意します。



また、樹木葬の形態によっては一定の年月が経過するたびに骨壺を掘り返して改めて墓石に埋葬するケースもあるので、埋葬の形式に関しては必ず詳細を確認しておきます。

使用している樹木が枯れたり病気になると安全のために伐採することもあるので併せて注意します。

樹木葬の費用は墓石の購入費よりも安価なことが多いのが普及の一因ですが、樹木の管理者の運営方針や供養の方法によって利用料金は大きく変わるので予め詳細を確認しておきます。


特に地価が高い地域になるほど費用も高額化しやすいので、場合によっては遠隔地を利用することになります。



そのため、維持費による家計への負担と故人を供養する場所を冷静に考慮したうえで、家族全員が納得できる内容に決めることが大切です。


また、樹木の品種によっては環境に適さないこともあるので専門業者に確認することも必要になります。