自然葬の種類と注目される背景

自然葬への注目の高まりは、核家族や限界集落の増加、長期にわたる不景気や晩婚化による少子高齢化などの諸問題が、家系を重んじた墓の管理体制に対する疑問や葬送費用の高額化などが引きがねになっているとされています。

自然葬は、従来の宗教観に基づき行われていた墓石や人工物を用いる葬送方法とは異なり、海や山などに遺体や遺灰を還す事で自然の循環サイクルへ回帰する葬送の方法であり、自然葬は日本でも古代より行われて来た歴史があります。



京都屈指の観光地となっている清水寺周辺は、平安時代には京都の人達の風葬や鳥葬の場として夥しい数の死体が捨てられていたとされています。

BIGLOBEニュース情報が様々な条件で検索可能です。

奄美諸島では、昭和初期まで風葬や洗骨が行われていた記録が残っています。

日本では、昭和23年の墓地、埋葬等に関する法律により原則として天皇家や皇族を除く日本国民に対して火葬が義務づけられ来ましたが、1991年の葬送の自由をすすめる会の発足により、厚生労働省や法務省も条件付きながらも自然葬を容認するコメントが出され、実際に国内では樹木葬や散骨が行われていますが、世界では風葬や鳥葬、水葬、火葬、土葬、樹木葬など地域の風習や宗教により様々な葬送方法があり、復活思想のあるイスラム教や終末思想のあるキリスト教、火を崇め死体を不浄と考えるゾロアスター教などは火葬を嫌い、特にイスラム教徒は火葬が義務づけられている日本でも土葬を行っているイスラム教徒もいます。