樹木葬で故人を偲びましょう

樹木葬は許可を得た樹木の近くの土地に埋葬してもらうものです。

遺骨を植える度に1本の木や花を植えるタイプや、芝生等のエリアにシンボルとしての樹木を植えて区画分けして埋葬し、この区画は一度使われたら再度販売されないタイプ、共同の納骨エリアに合葬されるタイプと様々です。

このタイプによってかかる費用も違ってきます。

生前予約の場合は管理費が必要になったり、あらかじめ樹木葬を行う場所の会員登録が必要な場合もありますので調べておくと後で困らずに済むでしょう。
樹木葬用としてはあまり高くならず生態系を壊さない木が使われます。



桜、ハナミズキ、モミジ等、地域によっても変わってきます。



骨壺で埋葬しないので後で遺骨が取り出せないデメリットもありますが、亡くなったら自然に還るという故人の意志やエコであること、墓石がいらないので費用が安く済む、海に散骨するよりもお墓参りに近い形で木を見に来られる、等のメリットがあります。

今よりもAll About関しての情報探しを行うならネットが便利です。

超高齢化、少子化社会と呼ばれる日本はもうすぐそこまでやってきています。無縁社会という孤独な言葉も聞かれるようになりました。


本来は子孫が代々守っていくお墓の形も、遺族だけに頼るのではなく地域社会で見守れる形にしようという動きも始まっていて、その1つが樹木葬という形でもあるのです。


お墓参りと同じ感覚で花の咲く頃や紅葉の色づく頃に故人に逢いに行き、樹木を通して故人に手を合わせるのも偲ぶ形の1つとなります。